猪瀬知事 借用書 金利なし!

みなさんこんばんは。

先日の読売新聞の、
猪瀬知事のやりとりの一部です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
――5000万円を貸すという申し出に不自然さや、
 先方に見返りを求める意図があるとは感じなかったか。

「批判を受けても仕方ない。
 返すつもりだったから、金利とかはあまり考えなかった

――徳田毅議員からお金を貸すという申し出を受けたことについて。

「親切な方だと思った。
 ただ、今となってはそういう話をすることへの認識が薄かったと思う」

――借金をする時には利子や担保がつくのが普通だ。

考えが至らなかったが、一時のものということが頭にあったのは事実。
 できる限り早く返す気持ちで、利子のことは頭になかった」

――5000万円という数字については。

「そんな大きなお金を見たことがないので、びっくりした。
 手を付けられるものではないと思い、貸金庫にしまった」

――都条例に違反して資産報告書に記載がなかったが、自分への罰はないのか。

「都政に滞りがないよう身を粉にして仕事をすることが、
 色々な誤解を招いた行為に対する償いだと思う」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「金利とかはあまり考えなかった」

w(゚ロ゚)w

そして、
収入印紙がないので印紙税法違反の可能性も。

いやいや~
会見もいつもしどろもどろだし、
テレビ公開の借用書も急いで作った感が満載。

せっかく東京五輪に向けて、
東京がパワーアップするんだから、

ここは早い段階でスパっと終わって、
五輪に向けて国民と一体になって欲しいですね。

無事に50万円借りれました
借りた結果と厳選のカードローン



サブコンテンツ

プロフィール

正社員1年目(年収300万円)の時に、プロミスで50万円借りました。

当時はドキドキしながら契約機へ行きましたが、今は振込やアプリで24時間お金を受け取れるので便利になりました。

実体験をふまえて、借りた人に聞いた話や最新のカードローンをシェアします。

スポンサードリンク

このページの先頭へ