本田圭佑 小学6年生の作文

みなさんおはようございます!

先日の本田圭佑選手のPK素晴らしかったですね!
そしてW杯出場おめでとうございます♪

hondakeisuke

これは本田選手が、
小学校6年生の時に書いた作文です。

「将来の夢」

ぼくは大人になったら、
世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。

世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。

だから、今、ぼくはガンバッている。
今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。

そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。

Wカップで有名になって、
ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。

そしてレギュラーになって10番で活躍します。
一年間の給料は40億円はほしいです。

プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、
世界中の人が、このぼくが作った、
スパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。

一方、世界中のみんなが注目し、
世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。

セリエAで活躍しているぼくは、
日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。

ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。

この得点も兄と力を合わせ、
世界の強ゴウをうまくかわし、
いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。

———————————————-

素敵ですね!
数字も明確で「本気度」が伝わってきます。

改めて昨日の日本代表からは、
本気でやり切る感動と、勇気を頂きました。

このままコンフェデレーションズカップも、
応援しています(^∀^)b

無事に50万円借りれました
借りた結果と厳選のカードローン



サブコンテンツ

プロフィール

正社員1年目(年収300万円)の時に、プロミスで50万円借りました。

当時はドキドキしながら契約機へ行きましたが、今は振込やアプリで24時間お金を受け取れるので便利になりました。

実体験をふまえて、借りた人に聞いた話や最新のカードローンをシェアします。

スポンサードリンク

このページの先頭へ