少額でも喜ぶお年玉の3つのコツ

みなさん明けましておめでとうございます!

少額でも喜ぶお年玉の3つのコツを、
ファイナンシャルプランナーの鉢須祐子さん
に教えてもらいました。
(実際のお友達です。)

1⃣宝くじでワクワク感を演出
2⃣大好物の○○をお札の代わりに
3⃣珍しいお札でごまかす

2⃣の○○は、
5歳児に「味つけ海苔」という実例も!(笑

確かに楽しそうですね(^∀^)b

ちなみに、
住信SBIネット銀行による、お年玉に関する意識調査
(平成24年調べ)
の1人あたりにあげるお年玉金額の平均は、

未就学児童2,378 円
小学1~3年=2,888円
小学4~6年=4,009 円
中学生=6,175 円
高校生=8,473 円
大学生・専門学校生等=11,110 円

まあ想定内ですね。
私はありがたいことに、このくらいの推移でした。

とはいえ今の子どももシビアに現金が欲しいところ。

帰省する際はバシッと渡して、
よいお金の巡りを作るのもいいなと思いました。

無事に50万円借りれました
借りた結果と厳選のカードローン



サブコンテンツ

プロフィール

正社員1年目(年収300万円)の時に、プロミスで50万円借りました。

当時はドキドキしながら契約機へ行きましたが、今は振込やアプリで24時間お金を受け取れるので便利になりました。

実体験をふまえて、借りた人に聞いた話や最新のカードローンをシェアします。

スポンサードリンク

このページの先頭へ