家電リサイクルの真実

おはようございます!

家電リサイクルの真実を、
中部大学教授 武田邦彦先生が教えてくれました。

まず、
世界で家電リサイクルをやっているのは日本だけ
だそうです。

4月の消費税増税に合わせて、
家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる、
家電リサイクル料金を引き上げますね。

パナソニックエアコン1,575円⇒1,620円
16型以上のテレビは2,835円⇒2,916円

など。

そもそも、
銅などが多いクーラーや、金などが多く含む電子基板など、
価値があるものであればお金をくれます。

リサイクル制度前: 自治体引取りは平均500円。業者引き取りは平均0円
リサイクル制度後: 引き取りがおよそ3000円。消費税上げで更に上げる

という時代です。

一人当たり一年、
リサイクル関係の税金の受け取りは4,000万円です。

すでに20年ほどたったので、
一人あたり8億円の不当利益を得ていることになります。

官制リサイクル制度を止めて自由競争にすると、
リサイクルの税金は5分の1に減り、
分別もいらなくなるはずです。

官制リサイクルでうまみがあるのは自治体で、
焼却炉を建設する苦労がなくなり、
リサイクル分だけ予算に余裕ができるからです。

自治体は官制リサイクルに賛成するわけで、
国民のことを考えているのではないと思います。

最近では子宮頚がんワクチンがニュースに取り上げられていますが、

誰が得をしているのか?

をいつも考えると、
世の中常に一部の権力者が発信している、
2次以下情報を鵜呑みにする機会は減っていくかもですね。
(製薬会社は大体メディアのスポンサーなので、
 情報操作できますし。)

無事に50万円借りれました
借りた結果と厳選のカードローン



サブコンテンツ

プロフィール

正社員1年目(年収300万円)の時に、プロミスで50万円借りました。

当時はドキドキしながら契約機へ行きましたが、今は振込やアプリで24時間お金を受け取れるので便利になりました。

実体験をふまえて、借りた人に聞いた話や最新のカードローンをシェアします。

スポンサードリンク

このページの先頭へ