元議員秘書の出世するお金の使い方

みなさんこんにちは!

元衆議院議員秘書・尾藤克之さんが、
「出世する上手なお金の使い方」
を教えてくれました。

bitou

ポイントは3つで、

①「誰よりも早く」
②「真っ先に駆けつけ」
③「直後」

でした。
そして、

サプライズを与えることによって、
 絆を構築することに成功した」

そうです。
具体例はこんな感じです。

①政敵の議員の両親が亡くなった際、
 誰よりも早く花を届け
 出棺の際には傘もささずに最敬礼で見送り続けた。
 しかも、花屋に命じて1週間もの間、毎日新しい献花を届けさせた。

②田中派ではない他派閥の若手議員が入院したところ、
 真っ先に駆けつけて分厚い封筒を渡し、その場を後にした。
 翌日、派閥のボスが見舞いに訪ねたが、
 見舞金は田中角栄より遥かに少なかった。

③選挙の軍資金を渡す際、
 党で決定された金額を支給した直後
 「キミの選挙区は厳しかったな。期待しているぞ。」
 と追加で同じ額を渡した。

相手の立場になって、
最大限自分の心を砕いて、
繊細に誠実に使ってきたんですね。

相手は人である

ということは、
お金の使い方や稼ぎ方すべてのことに、
精通するなと再認識できました。

無事に50万円借りれました
借りた結果と厳選のカードローン



サブコンテンツ

プロフィール

正社員1年目(年収300万円)の時に、プロミスで50万円借りました。

当時はドキドキしながら契約機へ行きましたが、今は振込やアプリで24時間お金を受け取れるので便利になりました。

実体験をふまえて、借りた人に聞いた話や最新のカードローンをシェアします。

スポンサードリンク

このページの先頭へ