世界のVISA加盟店で使えるようになりました

プロミス×VISAの新サービス

借金生活と年末調整のコツ

みなさんおはようございます!
年末調整の季節ですね。

年末調整のコツについて、
マネージャーナリストの有山典子さんが
教えてくれました。

私を含め会社員の方の場合、

(1)収入が決まる
→(2)いろいろな控除を差し引く
→(3)税率を掛ける

という流れになりますよね。

保険料は該当者が多いのでご存知かと思いますが、

こども保険
学資保険
こくみん共済
県民共済

などの共済も控除の対象になるのは、
知りませんでした(汗)

もし2012年に医療保険に加入した場合、
年間の保険料が8万円(月6667円)を超えれば、
介護医療保険として上限の4万円を控除できます。

戻る税額は年収や他の控除によって異なりますが、
年収500万円で扶養家族がいない場合だと、

概ね申告した4万円に対して、
所得税率10%を掛けた4000円が戻るそうです。
(正確には所得税に復興特別税を加えた4084円)。

そして2014年6月から支払う住民税も安くなります。

住民税の生命保険料控除額は、
2012年以降の契約では、
「一般の生命保険」「介護医療保険」「個人年金」
それぞれ最大2万8000円です。

住民税の税率(一律10%)を掛けて、
年間2800円安くなる計算です。

つまり、
月7000円弱の保険で年間計6800円節税
になるんですね!

いつもめんどくさいなと思うところが多いですが、
しっかり行うことで、

今後の生活への知識と知恵になりそうなので、
今年はちゃんとやってみようと思いました。


審査体験と取引先銀行シェア
カードローン審査体験まとめ

初回全員金利0はアコムだけ
アコム50万円借入結果

銀行よりも低金利で30日間無利息
アイフル プレミアムファーストローン

スポンサードリンク



サブコンテンツ

プロフィール

スクリーンショット 2015-05-15 18.06.41
(プロミスで50万円借りました)
プロミスの審査結果

上場企業のサービスは安心
と思いました。
(アコム、アイフルなども)

・審査、融資の速さ
・利便性の高さ(内緒)
・フリーコールの丁寧さ
などを体感できました。

スポンサードリンク

アーカイブ

このページの先頭へ