世界のVISA加盟店で使えるようになりました

プロミス×VISAの新サービス

借金を返してもらう方法

みなさんこんにちは。

借金を返してもらう方法を考える上で、

裁判を起こして「割に合う」のはいくらから?
を吉原美智世先生が教えてくれました。

法テラスを利用したとしても、
50万円未満の訴訟で8万8000円は必要。

勝訴した場合は、
勝訴した金額の10パーセントを報酬として支払うとのことでした。

本人訴訟は、実費のみです。
訴状に貼る印紙は、10万円以下の請求で1000円です。

請求額が10万円増えるごとに1000円の印紙が加算されます。

また相手に訴状を郵送してもらうために、
裁判所に納める切手代が4000円ほどです。

10万円以下の請求をするために裁判を起こした場合、
実費として、5000円くらい必要なんですね。

また請求額が60万円以下の場合は、
「少額訴訟」という簡易な制度が利用できるそうです。

少額訴訟は、1回の裁判での解決を目指すものです。
1回目の裁判のときに証拠書類を持っていき、
相手の意向も聴いたうえで、
支払うべき金額を確定して、その返済方法を話し合うそう。

実費は魅力的ですけど、
10万円くらいならプロに依頼した方が、
心強いですね(びびりなので 汗)

裁判がイヤなら、
あとは相手に「いつまでに払う?」
と自分で言ってもらい、

相手の責任感、良心、罪悪感に、
訴えかける必要があるなと思いました。


審査体験と取引先銀行シェア
カードローン審査体験まとめ

初回全員金利0はアコムだけ
アコム50万円借入結果

銀行よりも低金利で30日間無利息
アイフル プレミアムファーストローン

スポンサードリンク



サブコンテンツ

プロフィール

スクリーンショット 2015-05-15 18.06.41
(プロミスで50万円借りました)
プロミスの審査結果

上場企業のサービスは安心
と思いました。
(アコム、アイフルなども)

・審査、融資の速さ
・利便性の高さ(内緒)
・フリーコールの丁寧さ
などを体感できました。

スポンサードリンク

アーカイブ

このページの先頭へ