キャッシングと筋トレの関係性

みなさんおはようございます!

昨日のBiz誠ニュースに、
「筋トレが続く人と続かない人の行動分析結果」が載っていまして、
興味深かったのでシェアさせて頂きます。

jim

フィットネスジム「GiNA」の会員さんの行動分析を行ってみました。
ジムを止める人はどんな行動を取っているか、逆にジムを続ける人はどうか。

という調査です。

○ジムを止める人の行動

・安価な会員種別に入会
・来館頻度が少ない、もしくはムラがある
・目的意識が低く、ジムに来るだけで満足してしまう
・有料プログラム受講率や物販購入率も低く、フィットネスが生活の一部になっていない

○ジムを止めない人の行動

・新しいものや変化に敏感
・有料プログラム受講率や物販購入率が高い
・来館頻度が週1回であっても、生活の中にフィットネスが定着している

つまりフィットネスを「ライフスタイルの一部」として考えているかいないかの差ですね。

これ、フィットネス ⇒ キャッシング に置き換えると、
自分の中ですごくしっくりきます。

キャッシングをしてしっかり計画性を持って返済できる人は、

・利用目的が明確
・審査甘い、審査なしなどの言葉に惑わされない
・毎月の支払い目処=計画がしっかり立っている

つまり、「ライフスタイル」にしっかり組みこまれているからだと思います。

キャッシングをライフスタイルの一部として利用する上で、
大きなキーワードになるのが「無利息」だと思います。

なぜなら、ライフスタイルとして出費であれば、

・そこまで大きな額ではない(30万円以内とか)
・次の収入の目安が立っているので、短期での返済を考える
 (早く精算したいという心理もあると思います)
・小額で数回に分けて使うシーンが多い(プレゼント、旅行、給料日まで一時補填 など)

というケースが想像できるからです。

つい先日、無利息でキャッシングするには?という友達との飲み屋での話を、
日記に書きましたので、宜しければご参考ください。

⇒ 無利息で快適なライフスタイルとは?

なんか書いててわくわくしてきました(笑
そろそろプロミスの増額審査を申込んでみようかしらと思った、
@管理人でした。

今日は週末ですね。
お互い素敵な週末を過ごしましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました(^∀^)b

無事に50万円借りれました
借りた結果と厳選のカードローン

お急ぎの方は優先審査中
アイフル



サブコンテンツ

プロフィール

正社員1年目(年収300万円)の時に、プロミスで50万円借りました。

当時はドキドキしながら契約機へ行きましたが、今は振込やアプリで24時間お金を受け取れるので便利になりました。

実体験をふまえて、借りた人に聞いた話や最新のカードローンをシェアします。

スポンサードリンク

このページの先頭へ