カードローン 審査 厳しい理由

みなさんおはようございます!
私がカードローン審査落ちから学んだ、
厳しいと感じる理由考察です。

(審査結果) カードローン審査が厳しい理由

そして、審査落ちと関連した「言霊」のお話があります。
日本には「言霊」と言う考えがありますね。

これがプラス思考のみならず「言霊」思想が、
高齢者医療では、逆効果なのです。

終末期や臨終をあらかじめ語れないのです。

あらかじめたとえば、
親の病気などの死について話し合おうとすると、
”縁起でもない”と止められ話し合いがなされないのです。

ですから急変したりすると、
大抵の人は「想定外」の大パニックに至るのでしょう。

主治医が家族に「いつ状態が変わるかわかりません…」
と伝えても家族にとっては、
突然呼吸や心臓が止まるかは想像できないでしょうが、
入院してる状態であれば、
いつ何が起こっても不思議ではないのです。

ですから、
いざ急変すると驚き、パニックに陥り、悲しみ、
時に医者に”怒り”を向けます。

「なんで入院して治療してるのに急変するの?」
「ちゃんと治療してなかったんじゃないの?」
「尽くすべき手を尽くさなかった」
「見るべき面倒を見てなかった」

その感情の激しさは、半端ではない。

あらかじめ、考えないことのメリットがどこにもないにも関わらず、
考えたくないのかも知れませんが、
よくないことを想定しないのは危機管理としては失敗であることを、
震災と原発からも学んでいるはずです。

「縁起でもない話」をしたがらないのは言霊思考の他にも、
信じれば夢が叶う」との(プラス)思考との影響なのでしょうか。

kotodama

「なにか都合が悪いと人のせい」

つまり、感謝が足りないと物事もうまくいかないんではと感じます。

カードローン審査においても、
「インターネット」と「脳みそ」という「電磁波」によって、
審査担当員に自分の波動が伝わっている可能性はありますから、

「審査よろしくお願いします」
「審査して頂き、ありがとうございます」

という気持ちは大切だと思います。

そして当然、精神論だけではなく、
物理的・客観的な対策も必要ですので、
それは審査体験談をご参考頂ければ幸いです。

(審査結果) カードローン審査落ちから学んだポイント

今後の審査が改善されることを祈っております。

無事に50万円借りれました
借りた結果と厳選のカードローン



サブコンテンツ

プロフィール

正社員1年目(年収300万円)の時に、プロミスで50万円借りました。

当時はドキドキしながら契約機へ行きましたが、今は振込やアプリで24時間お金を受け取れるので便利になりました。

実体験をふまえて、借りた人に聞いた話や最新のカードローンをシェアします。

スポンサードリンク

このページの先頭へ