つんく がん 末期

おはようございます!

つんくさんの喉頭がん、
末期じゃなくて早期発見で良かったですね。

つんくさん世代なので、
また復帰を切望しています。

うちもがん家計で、
父親は29歳の時に十二指腸がんになりましたし、
両親の父親も両方がんでなくなっています。

でもがんはいまだに日本人の死亡率トップですが、
医療技術の発達によって、
診断されてから5年後に生存している割合は6割近くまで、
上昇してきていますよね。

通院で抗がん剤治療を受ける場合、
高額療養費控除制度を利用すると、
一般的な所得の人で最大8万円~10万円程度の負担
になると言われています。

現在の日本では、
自由診療と保険診療を合わせて受ける「混合診療」が認めていないため、
混合診療を行う場合は保険診療分も含めて全額自己負担
となってしまいますよね(汗

ですので、
手厚いがん保障の保険ですと、
やはり保険料がとても高くなってしまいます。

とはいえがんになったときに、
お金がないから満足いく治療ができない
を両親には絶対味わってほしくないので、

今からちゃんと急な出費への備えを、
借金返済生活の中で捻出していかないとなと、
今回のつんくさんのがん報道で再認識しました。

無事に50万円借りれました
借りた結果と厳選のカードローン



サブコンテンツ

プロフィール

正社員1年目(年収300万円)の時に、プロミスで50万円借りました。

当時はドキドキしながら契約機へ行きましたが、今は振込やアプリで24時間お金を受け取れるので便利になりました。

実体験をふまえて、借りた人に聞いた話や最新のカードローンをシェアします。

スポンサードリンク

このページの先頭へ