お金を貯める方法

こんばんは!

お金を貯める方法というか、
「お金の貯まる人になる」ための心構えについて書いてみます。

kalma

まずお金が貯まらない・稼げない問題の本質は、

お金と心を別のもの

って見なしてしまっていることかと思います。
その上で、自分自身が『お金のカルマ』を持ってしまっていることに気づいていない人が多いんです。
(カルマ = 因果応報のことです)

実は、お金のカルマって、ほとんどの人が持ってるものなんですよね。

お金は心とつながってるし、お金ってものはそもそも、
『欲しいものを手に入れる、欲求を満たすためのエネルギー通貨』
みたいなものなんです。

時代をさかのぼれば、

お金 = 物々交換の対価

ですので、物理的にはお金はお金なんです。
意味づけは人によって無数にありますが。

たとえば、幼少期に、
お菓子を取り上げられた、
とか
おもちゃを買ってもらえなかった
とか
休みの日に遊んでもらえなかった
とか

自分の欲求が素直に満たされなかったような経験があると、

『欲しいものはカンタンに手に入らない』
『望むことがカンタンに叶えられてはならない』

って信念(思い込み)が無意識に出来上がるんです。

だから、成長する過程で、欲求を素直に満たす人への嫌悪感であったり、
お金そのものに対する『汚い』ってイメージが出来上がってしまうんです。

自分の信念に反することなので、
無意識のうちに『抵抗(ブロック)』をつくってしまうということですね。

それが『嫌悪』というカタチで表に出るワケです。

こういうお金のブロック、お金のカルマを抱えた人は、
人生の中で、お金と正常な好ましい関係を築くことはなかなか大変かと思います。

キャッシングもしかりです。

キャッシングは、人とお金で成り立っていますよね?

もし上記のお金に対する嫌悪がある方は、こう捉えるでしょう。

「無料でキャッシング会社紹介してくれるとか怪しいし」

「借りて会社潰れたらどうするんだ?」⇒保証会社の記載見ていない

「キャッシングなんてお金の亡者がすることだ!」⇒実際いました(汗

「キャッシングでお金が手に入るのは、簡単すぎてこわい」

など。

私は資本主義の日本にいる以上、

収入(お金) = 人の役に立っているバロメータ = 価値のあるもの

だと思っています。

健全なビジネスモデル上であれば、
人のニーズを満たせば稼げるのは当たり前ですので。

キャッシング業界も20年以上生き残っている会社がある以上、
健全な業界 = ニーズがあるんです。

なぜなら、新しい企業の70%は3年以内につぶれる世の中だからです。

自分の中でのお金に対するとらえ方次第で、
自分の金銭状況は変わるのではないかと思います。

私は人に感謝するようになってから、お金が増えた体験があります。
これは物理的なものではなく、感覚論になってしましますが。

でも捉え方は自分次第。

せっかくキャッシングするのであれば、
感謝や将来良くなっていこうという気持ちを持ちながらできるといいですよね。

長文お読み頂き、ありがとうございました。

無事に50万円借りれました
借りた結果と厳選のカードローン

お急ぎの方は優先審査中
アイフル



サブコンテンツ

プロフィール

正社員1年目(年収300万円)の時に、プロミスで50万円借りました。

当時はドキドキしながら契約機へ行きましたが、今は振込やアプリで24時間お金を受け取れるので便利になりました。

実体験をふまえて、借りた人に聞いた話や最新のカードローンをシェアします。

スポンサードリンク

このページの先頭へ